コラボレーションアイテム発売記念 TORIENA & m7kenji スペシャルロングインタビュー

, , , ,

SPINNS プレス / 2016.02.06

-すごい世界観ですよね!
このカルチャーを知った時の感動を純粋にもっとたくさんの人に知ってもらえたら、と思ってSPINNSから再びお声かけさせて頂いた所から今回のコラボに繋がったんですよね。

TORIENA:チップチューンとファッションは縁がないと言われていたんですよ、特に日本では。
作曲方法自体も結構特殊で、ファッションより技術、という感じでけっこう職人気質な人達が多くて。
私自身もチップチューンの活動を始めた時からこのカルチャーについて詳しい訳ではなかったんですが、実際に活動を始めてみると8bitの音、映像、ピクセルアートという3つの要素が重なり合ってる世界観にすごく魅力を感じたんです。
だから音だけで完結させたくなくて、視覚的アプローチを強めていきたいって思っていたので、今回のSPINNSとVVさんとの取り組みですごく前に進めた気がします。

m7kenji:これをきっかけにチップチューンの人口も増えて欲しいですね。

TORIENA:ちょっと難しい分野かなとは思うんですけど、それに臆する事なく飛び込んできて欲しいです!

m7kenji:我々を脅かすような逸材が出てくるかも笑

TORIENA:怖い!笑
でも、そうやってどんどん盛り上がって欲しいです!

-ですね!そして今回はファッションを入り口として、コラボアイテムのデザインやクオリティがそれを実現させる事ができるパワーを持っていると感じました。
商品をデザインする際のこだわりはどのような所にあるのでしょうか?

TORIENA:普段イラストを描く時に、キャラクターのファッションもオリジナルで描くのが好きなのですが、「イラストで観ても、リアルで着てもかわいいデザイン」というのは意識しています。
あと素材感はすごくこだわっています。未来感のある素材と言うか。チップチューンイベントに着ていくと映える素材をイメージしました。
ライブに着ていくのが楽しい服ですね。だからパステルカラーのカワイイっていうトレンド感もしっかり取り入れました。

m7kenji:ライブで着てる子がいたらヤバい!

TORIENA:それすごく嬉しいですね!

TORIENA

-一緒にメーカーと打ち合わせながら素材を真剣に選ぶTORIENAさんの姿に、物作りへのこだわりを感じられて良かったです。その商品の中でも特にスカートのグラフィックのデザインは特徴的でした。

m7kenji:TORIENAさんの原案から、デザインに関しては僕と一緒に創り込みました。

アイテムラフ案

8bitステージスカート

-m7kenjiさんの今回のコラボアイテムへのこだわりは?

m7kenji:ドット絵を見て感じる「昔こういうゲームやったなぁ」みたいな懐かしさよりも、初めてドット絵を見た人が「かわいいな」とか「こんな表現があるんだ」みたいに思ってもらえるような物を作りたいと思いました。
でも、システム的には16×16ピクセルのドット絵の組み合わせっていう部分も踏襲して、そこでしっかりとゲーム感は出せたかなと。

次のページでは「Kandi Pixel Z」の制作についてお伺いします。

  • いいね (9)
  • すごくいいね (8)
  • びっくり (3)
  • 悲しい (0)
  • 面白い (0)

【記事にスピンズの商品が掲載されている場合、商品の在庫状況は随時変動します。また、価格に関しても変動する場合があります。商品に関するお問い合わせはSPINNSカスタマーセンターまでご連絡ください。】
SPINNSカスタマーセンターお問い合わせ先
TEL : 0120-011-984
受付時間 平日11:00〜17:30 ※土日祝除く
その他各種お問い合わせはコチラから

SPINNSのスタッフブログも更新中!

SPINNS公式アプリを今すぐダウンロード