【SPINNS MAGAZINE】SPINNS広島店移転リニューアルオープン!

カルチャー | 2018.07.26 | Writer:

6月29日にスピンズ広島店が移転リニューアルオープンしました。

2006年宝塚会館(現:広島ZEROGATE)にオープン、2011年本通りに移転、そして今回ご縁があって紙屋町に移転しました。
今年は、スピンズが京都で誕生し25周年という節目でもありましたので、SPINNSとは?という事を意識し、コンセプトである、「ATTITUDE MAKES STYLE!」に立ち返ってお店創りを考えました。

SPINNS Concept…「ATTITUDE MAKES STYLE!」(主張がスタイルをつくる!)をコンセプトに、
常に時代のトレンドに沿いながらも、自分達の主張を大切にした“スタイル提案”をし続ける、“スタイルマーケット”である。
1993年に京都にオープンして以来、「NEW&VINTAGE STYLE MARKET」という言葉の通り、独自のスタイルを貫いたオリジナル商品に加え、新品から中古まで、ワールドワイドなセレクトによる幅広い商品を取り扱っています。
その品揃えはファッションだけではなく、音楽、アートなど様々な“ユースカルチャー”をスピンズ風にミックスし「ライフスタイル」として提案し続けてきました。
まさにファッション、音楽、アート、人などの様々なユースカルチャーがスピン(渦巻く)お店がスピンズなのです!

お客さんに自慢したくなるお店!

今回のターゲットはお店のスタッフ。スタッフがトキメク。ドキドキする。ワクワクする。
毎日お洒落したくなる。出勤するのが楽しい。お客さんに自慢したい。
スタッフがそんな気持ちでお仕事出来れば、きっとお客様にも喜んで頂けるお店になる!そんな願いを込め、品揃え、内装、コンテンツなど、従来のスピンズとはちょっと違ったお店創りをしました。

品揃えは、従来のトレンド商品の他に、LAセレクトのストリートブランド、LAで買い付けたVINTAGEアイテム、雑貨、その他インディアンジュエリーや、マニアックなバンドグッズ、
洋服や雑貨に限らずイギリスのデッドストックのMUSIC NEWS PAPER、国内外から仕入れたオーガニックジュースや、クラフトビールなど、ワールドワイドに揃えしました。

内装は、25年前から一緒にスピンズをデザインして頂いてる京都の内装デザイン事務所「NADA」さん。
お店の顔となる外壁は大阪・十三を拠点に活動するアーティスト「BAKI BAKI」氏に依頼。店内レディースフロアや、エントランスには広島・土橋にあるセンス抜群の花屋「SHAMROCK」さんにドライフラワーで飾り付けして頂きました。
そしてオープニングイベントには、スピンズスタッフのファンも多い、原宿の人気ヴィンテージショップである「PUNK CAKE」と様々なコラボや独特のセンスが巷で話題の大人気イラストレーターである「YANAGIDA MASAMI」氏による「Too much mowmow’s」のPOPUPを開催。
オープニング2日目の夜は、広島を出自のルーツに持つ、俳優の浅野忠信氏のバンド「SODA!」のインストアライブを開催し、圧倒的カッコ良さでスピンズをFUNKでPUNKな異次元空間に。
まさに、「ファッション、音楽、アート、人などの様々なユースカルチャーがスピン」したリニューアルオープンとなりました。
今後まだまだ、面白いイベントや、スタッフ企画の商品、海外買い付けアイテムの入荷など予定しておりますので是非ご期待ください。
そして今回のリニューアルが、来店されるお客様の「ファッション、音楽、アート、人」など様々な「ユースカルチャー」に興味を持つきかっけになり、少しでも人生が豊かになる事を願っています。

そんな広島店にぜひ遊びに来てください!

LINEで送る

この記事のライター

SPINNS magazine

戻る