【SPINNS MAGAZINE】母の日キャンペーン

カルチャー | 2018.07.26 | Writer:

毎年開催している「母の日キャンペーン」はお母さんに日頃の感謝を伝えよう!という企画です。

いつも熱い気持ちでキャンペーンに参加してくれている
静岡店店長の比嘉さんに母の日キャンペーンについてお話を伺いました。

―母の日キャンペーンは何回目ですか?

比嘉:店長になってからは4回目です。

 

―心がけていることや大切にしていることはありますか?

比嘉:私やスタッフが楽しみながらキャンペーンをすること、昨年はお客さんにセルフサービスでメッセージカードをお渡していたのですが、今年はできる限り多くのお客さんに、今年は何か考えていますか?スピンズではこんなことをしているので宜しければどうぞ!と自分の体験談を交えたお話をしてキャンペーンへの参加をオススメするようにしました。

 

―母の日に個人的にしていることはありますか?

比嘉:スピンズに入社してから、お花やお手紙、LINEなどでメッセージを送っています。

 

―お母さんは喜んでくれてますか?

比嘉:実家が沖縄で、造花しか送れないのですが、逆に造花なので今まで送ったものを全部飾ってくれています。とてもうれしいです!

 

―キャンペーンをやって良かったことはなんですか?

比嘉:スタッフがリュックにお花型ハンカチをたくさん入れて『歩くお花屋さん』になり、店内を歩きながらお客さんにオススメさせていただきました。そんな姿が店内を賑やかにしてくれ、キャンペーンが盛り上がりました。他にもお客さんから話しかけていただいて仲良くなり、なんと後日そのスタッフに会いにお店に来てくれるという光景がありました。私の今年のテーマがお客さんだけではなく、スタッフにもこのキャンペーンを通じて喜んでもらうということだったので、本当に良かったと思います。

―最後に一言

比嘉:この後に父の日キャンペーンもあるんですが、やっぱり母の日より父の日のほうが参加しにくい傾向があるんですよね(笑)なので、今年は父の日キャンペーンも同じようにかんばってオススメしたいなと思います!

 

毎年母の日キャンペーンを行なっていますが、今年はメッセージカードだけではなくお花型のハンカチも希望される方に無料プレゼントしました。またお店を飛び出して、お取引先様やフェスイベントでもキャンペーンを行いたくさんの方に参加していただくことができました。

来年も乞うご期待!

LINEで送る

この記事のライター

SPINNS magazine

戻る