関西の美術館&展覧会レポ vol.03/「入江明日香展」

カルチャー | 2018.10.07 | Writer:

突然ですが先日京都高島屋で開催中の入江明日香さんの個展に行ってまいりました。

Yahooニュースにもあがっておりました。

 

 

入江明日香さんは銅版画を主にミクストメディアで「共存」と「風化」をテーマとした作品を展開しておられます。

 

(ざっくり説明すると…
銅版画→文字通り銅を彫ります。
ミクストメディア→いろんな画材や技法を使うこと。)

 

私は『美人画ボーダレス』という画集で存じ上げたのがきっかけなのですがやっぱり原画の迫力は本とは違いますね!

 

 

初期の白黒のみの抽象画から動物モチーフ、人物画への変化(進化?)は数多く並ぶ作中からも凄まじい勢いが感じられました。

 

写真撮影もOKなところもありましたよ~

  

高島屋モチーフ作品も撮影OKでした。

 

 

作中に居てる猫ちゃんも可愛いので是非見つけてください(この写真はパンフレット。)

 

「共存と風化」というテーマを美しく現代風に描いてらっしゃるのと美術館ではなく百貨店で開催という点で美術鑑賞に慣れてない方も入りやすいのでは。

儚げな作風から感じる生命力というか芯の強さなどなど、原画の前で是非感じて欲しいです。

 

 

「入江明日香展」
10月3日(水)−15日(月)
京都高島屋7階グランドホール
一般800円
高・大学生600円
​中学生以下無料

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/irie.html

LINEで送る

この記事のライター

ゆかるん

ゆかるん
スピンズ公式通販

戻る