秋の夜長に本と一緒にのみたい京都のコーヒー3選

カルチャー | 2018.09.12 | Writer:

そろそろ日の入りも早くなって、夜が長くなってきましたね!

ベタですが、そんな日には本を読みながらコーヒーなどどうでしょうか?

読書が進みますよ◎

 

まずはコーヒー豆屋さん

自分でひいた豆で入れるコーヒーは格別ですよ!

 

 

【びーんず亭】

 

京都錦市場でてすぐにある【びーんず亭】

気さくなマスターで、質問にもいろいろと答えてくれます。

自分好みの豆を探すのはどうでしょうか?

京都府京都市中京区 中魚屋町511 清水ビル 1F

 

 

【月と六ペンス】

京都の御所の南にある、アパートの1室で営業しているのは

【月と六ペンス】

有名な小説の題名からとられている通り本を読むにはぴったりのお店です。

静かな店内、禁止ではないのですが、基本的にお話をする環境ではなく、本を読む環境。

来ているお客さんもほぼお一人でこられていて、本を読む人、手紙を書く人など思い思いの時間を過ごせます。

濃いめのコーヒーに絶品のトーストやケーキがそろっています。

個人的にはハニーマスタードトーストがオススメ!一緒についてくるピクルスとの相性も抜群です!

京都府京都市中京区 二条通高倉西入ル松屋町62 杉野ビル2F

 

 

【自家焙煎コーヒー ガロ】

最後に京都西陣にあります【自家焙煎コーヒー ガロ】

こちらも個性豊かなマスターがいれてくれるコーヒー。

もちろん豆も売っていますが、マスターが昔ながらのサイフォンでいれてくれる1杯が最高です。

常連さんもいたりマスターや常連さんとのおしゃべりも楽しいですよ!

時間も23:30までやっていて、仕事帰りでもふらっと寄れちゃいます。

 

京都府京都市北区紫野南舟岡町71−27

 

是非コーヒーと本でよい秋の時間を!

 

 

 

LINEで送る

この記事のライター

しゃくさん

しゃくさん

戻る